<< 預かり保育1日目 | main | 変な天気 >>
やはり「ふるさと」


 預かり保育2日目は天気も良く、気温も上がった。
Y先生・M先生と子どもたちは臥竜公園に散歩。とても楽しそうだ。
私も付いて行きたかった。

 事務室では昨日同様少しづつ事務作業を続けている。

 午後は長野市のS館へ北幼協の引継ぎ会に出かける。会長としての仕事もあと少しだ。
新旧の理事・研修研究委員・研修委員・研究委員・監事の各先生が集まり、時間をかけて引継ぎの話し合いをした。
これによって平成21年度がスムースに発進できる。

 引継ぎ後同会場で慰労懇親会。
私もあいさつで「先生方に協力していただき楽しい2年間でした・・・」みたいな話をさせていただいた。
退任される先生方が一人一人あいさつをしてくださり、
皆さん有意義な楽しい経験となったとお話ししていただき、私としてもうれしく思う。
 会も終わり近くとなり、副会長のK先生が来て、
「どうやって締めようか…。万歳にする、一本締め…」。こういった会の開始はいいのだけど、終わり方が難しい。
「女性の先生が多いからどうしよう…」と私。そこへA先生が来て、
「三役さんへのさかずきの動議を出そうか・・・・」。ありがたいことである、でも、
「それは4月の“設置者・園長・主任会”でやっていただければ…。
“ふるさと”を歌うということでどうですか」。
「だれが指揮するの…」。
「N先生に頼みましょう」。長年協会の仕事をしていると頼みやすい先生がいて、N先生いつもすみません。
 ということで“ふるさと”を歌い(これがまたいつも感動的に…)、引継ぎ会のすべてが終わった。
カテゴリ:園長 | 20:40 | - | - | - | - |